読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたり、妊娠したり、出産したり。

フルタイムでも共働きでも、ゆるゆるとマイペースに暮らしたい。

「あの子こじらせてるよね」=あの子のことは理解しなくてもいい?

こじらせてるってなんだよ!


と最近よく思っていたところ、前述の「心の闇と動機の語彙論」を読んで、なんとなく納得しました。


理解できない行動の動機を「彼にその行動を起こさせた心の闇は深い」と、「心の闇」という単語で全て片付けてしまうことで、「彼の心をもっと理解すべき」と言っているように見せて、「彼の心は理解できない、もう諦める」と見切りをつけてしまっているのではないか?という問題。


「こじらせてる」も同じなのかなと思うのです。例えば、あの人は◯◯の話題に過敏に反応するよね、というコメントに対して「だって、あの人こじらせてるもん」。あの子悩んでるのかなーというコメントに対して、「うん、あの子こじらせてるみたいよ」など。

なんなんだよって感じなんですが、要するに「なんか大変なことがあったんでしょう、それ以上理解する気はないけど」ということなのでしょう。もしかしたら「大変なことがあったんだろうけど、触れてはいけないと思うし、そっとしておこうよ」のこともあるかもしれないのですが、あまりそういう響きの「こじらせてる」を聞いたことはないような…


人から、こじらせてるんでしょ、と言われたときは注意しましょう。

あとは、自分から「私こじらせてるんだよね」と言うときは、逆に「いろいろ苦労してきたことをわかってほしい、聞いてほしい」というニュアンスを感じるので、これまた人というのは面倒なものですね。