読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥貴族の「ふんわり山芋の鉄板焼」をつくってみた[長芋のレシピ@アヒージョ鍋]

先日、初めて鳥貴族に行きました。

焼鳥以上に美味しかったのが、「ふんわり山芋の鉄板焼」

f:id:maiyokota:20160922112548p:plain

(公式ホームページより)

これが一番美味しかった…!

周りのお客さんも「とろろ焼!」とよく頼んでいました。

すりおろした山芋に、出汁がよく染みていて、たまごと海苔をかきまぜておこげと一緒に食べる…。ナイスアイデアです。

 

家で作ってみました(長芋バージョン)

最近ちょうど長芋にはまっていたので、このとろろ焼きを長芋にて再現してみました。

これがなかなかうまくいったのです。 


f:id:maiyokota:20160921235541j:image

長芋をよく洗って、皮ごとカット。レンジでチンできる器に入れます。 


f:id:maiyokota:20160921235601j:image

愛用のハンドブレンダーでどろどろ状にします。30秒ほどで十分。

底の方に、いくつか固形のまま残っていましたが、それもまた歯ごたえのアクセントになって美味しかったです。

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ5045

新品価格
¥9,143から
(2016/9/22 11:33時点)

 

f:id:maiyokota:20160921235615j:image

どろどろ状になったら、ほんだしを一袋かけて、レンジで加熱。私は「ゆで根菜モード」の弱めでチンしましたが、モードが無ければ600Wで5-6分でいいと思います。 

加熱が終わってレンジを開けると、長芋のいい匂いが…。食欲をそそります。

 

f:id:maiyokota:20160921235639j:image

 レンジでチンしたものを、今度はアヒージョ鍋に。(最近多用している、直火もレンジもOKのアヒージョ鍋です!)

私は後で卵黄を上に乗っけたので、余ってしまう卵白をこの時点で混ぜ込みます。


f:id:maiyokota:20160921235654j:image

 火にかけて放置。わくわく。ちょっとおこげが出てきたあたりで火を止めます。

 

f:id:maiyokota:20160921235711j:image

 じゃん!火からおろして、卵黄を乗っけて、海苔を乗っけて完成です。

 

何皿でも食べてしまいそうな中毒性を感じます

長芋のコクのある味と、卵や海苔、ほんだしの味が相まって、あっという間に一皿をひとりで食べきってしまいました。

ポイントは、海苔をたくさんかけること、おこげを作ることでしょうか。卵黄はなくてもいい気がします。

 

翌日はたらこ風味に。パスタソースでアレンジ

長芋が余ったので、翌日はたらこ風味にしてみました。

f:id:maiyokota:20160921235725j:plain

家にあったパスタソースを混ぜて、たらこ味に。これも美味しかった…!

しかし、たらこバターのバターは無くてよかったように思います。明太子とかが良いかも。

 

しばらくは量産してしまいそうな予感。いいおかずになります。

そして地味に役立ったのがアヒージョ鍋。直火にもレンジにもかけられるので、アヒージョはもちろん、一人分の雑炊やお鍋、炒め物に重宝していたのですが、またひとつ用途が増えて嬉しいです。

ブラックセラム 片手スープ アヒージョ鍋 グラタン皿 直火可 耐熱食器

新品価格
¥720から
(2016/9/22 11:45時点)