読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたり、妊娠したり、出産したり。

フルタイムでも共働きでも、ゆるゆるとマイペースに暮らしたい。

ヤンヨンヒ監督とお兄さん、そしてご両親の物語「かぞくのくに」

WOWOWの無料放送にて、映画監督ヤン・ヨンヒ梁英姫)さんのドキュメンタリー「ノンフィクションW 映画で国境を超える日 映像作家・ヤン ヨンヒという生き方」が放送されたそうです。見逃してしまい、大きなショックを受けております…。


ヤン ヨンヒさんは、映画「かぞくのくに 」の監督。

これまで一番印象に残った映画は何ですか?と聞かれたら、私はこの「かぞくのくに」を挙げるくらい、自分にとって大切な作品です。

かぞくのくに [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2016/9/25 18:35時点)

悔しいので、この作品について、そしてヤンヨンヒ監督の作品について、ここで思いをぶつけたいと思います。


北朝鮮国籍を持つ在日コリアン家族の毎日 

「かぞくのくに」は、日本で生活を送る在日コリアンの家族を描いています。
ごく平和な毎日を過ごしている、北朝鮮国籍の父親、母親、長女の3人。
そこに、小学生の時に北朝鮮に渡った長男(長女にとっての兄)が、病気の療養のため、3ヶ月というタイムリミットで日本に帰ってきます。
家族や友人が優しく出迎え、楽しく笑って過ごす毎日。その一方で、長男には常に同行の見張り役がついており、北朝鮮での生活について多くは語らず、時には静かな沈黙が流れます。
そうして、短い期限が付いた日本での滞在を、家族4人は毎日思い思いに過ごし、再びの別れを迎えるまでの姿が映し出されます。

 

題材はヤンヨンヒ監督自身の経験

この「かぞくのくに」はあくまでフィクションですが、ヤンヨンヒ監督が実際に経験している家族の離散を元にして描いたノンフィクションだそうです。
実際に、ご自身の両親は、北朝鮮の国家に強い忠誠を誓い、1950年代〜1970年代まで続いていた「北朝鮮帰還事業」に積極的に関わり、多くの在日コリアン北朝鮮へ送り出しています。そして、その事業で自らの3人の息子も北朝鮮へ渡っているのです。

その両親へのインタビュー、ピョンヤンを訪れた際の兄やその娘とのやり取りをドキュメンタリーに残した「ディア・ピョンヤン」「愛しきソナ」という作品も発表されています。

ディア・ピョンヤン [DVD]

新品価格
¥2,699から
(2016/10/1 22:27時点)

愛しきソナ [DVD]

新品価格
¥2,479から
(2016/10/1 22:27時点)

 

笑いにあふれるごく普通の家族の、悲しい物語

在日コリアン北朝鮮というと、「パッチギ!」や「GO」を見たことがある方が多いかもしれません。感情の動きを激しい表現で映し出し、叫んだり涙したり…。私はこのふたつの作品も好きなのですが、ヤンヨンヒ監督の「かぞくのくに」は、とても静かでゆったりとした作品です。
交わされる他愛もない会話、食事中の些細なやり取り、街を歩く時に見える景色。家族に対して簡単に言えることと、我慢して言えないこと、言いたくないのに言ってしまうこと。その中ににじむ感情が、とても静かに、だからこそ強烈に、画面に映し出されます。
これは「在日コリアンの現実」を伝える映画というよりも、普通の家族が容赦ない現実に押し流されながらも、その「日常」を送っている映画だと思います。何故か、兄だけが、望むように生きられない。けれど、それは「悲劇」や「苦境」ではなく、とても理不尽な「日常」。彼らにとって、絶えることのない毎日。

たとえば病気の家族を持ちながら毎日を過ごす人も、共感できる部分があるかもしれません。

自分の人生を生きること、他人の人生を生きられないこと。その厳しさと容赦なさを、静かに見せる、素晴らしい作品です。

劇場で見ていただきたい!!のですが、今のところリバイバルしている名画座も無さそうなのが残念…。

 

かぞくのくに [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2016/9/25 18:35時点)