読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたり、妊娠したり、出産したり。

フルタイムでも共働きでも、ゆるゆるとマイペースに暮らしたい。

生まれて初めてのプログラミング@TECH::CAMP その1

文系で全く縁のなかったプログラミングに足を踏み入れました。

 

tech-camp.in

以前から気になっていたプログラミング。

とはいえ、独学では難しそうだし、プログラミングスクールに通っても一人前になるのは難しそうだし…と思っていた矢先に、TECH::CAMPを知り、少し高いのですが勢いで申し込んでしまいました。そしてつい先週、そのTECH::CAMP漬けの2ヶ月が終了しましたので、こちらで振り返りです。

 

申し込んだ理由その1 体験会がとても良かった

無料の体験会に参加したのですが、カリキュラムの一部を体験することができ、「これなら自分に向いている」と思えたのが本当に良かったです。

実際に申し込んでスタートしてからも、この体験会と同じような感覚で進めることができました。逆に言えば、この体験会で、自分の学び方としては合わない、と思った人はやめたほうがいいのでは…と思います。

 

申し込んだ理由その2 「未経験でも一人でサービスを作ることができるようになる」と断言してもらえる

説明会やWebの説明にて感じたのは、全くの未経験でも、一人でサービスを作ることができるようになることが自信を持って断言されていること。もちろんそれは、カリキュラムをしっかり何度もこなすことや、不明点は都度質問して解決することが条件となるわけですが、とにかく「怠けずにストイックに自分達についてきてくれれば結果は出ます」と断言されていることで、すごく安心することができました。自信満々の予備校講師のマジックみたいなものですね。

 

ということで、体験会に参加してすぐに申し込んでしまったのでした。

 

そして肝心の、あっという間に過ぎた2か月の感想は、長くなってしまったので次の記事にて。