読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたり、妊娠したり、出産したり。

フルタイムでも共働きでも、ゆるゆるとマイペースに暮らしたい。

壊れてもまた買っちゃうと思う、象印のスープジャー。

「壊れてもまた同じものを買おう」と思っているくらいお気に入りの象印

いやー、スープジャーがとにかく便利すぎて。

お弁当を作り始めて数年、やっと、本当に手軽なお弁当ライフを手に入れたわけですが、

本日は、私が使っているスープジャー(容器)をご紹介します。

 

 f:id:maiyokota:20160324212910j:plain


私が使っているのがこの「象印 ステンレスフードジャー 360ml 」。
色は、チェリーレッドと、同居人用にナッツブラウンを持っています。

壊れても同じものを買おうと決めているくらい、とても気に入っています。

・6時半に中身を入れて12時に食べても熱々、
・漏れたこともなし、
・スリムなのでカバンにも入りやすい、
・分解して洗いやすく、においも気にならない。


もしかしたら、他のメーカーのものはもっと性能がいいのかも…とも思うのですが、

このスープジャーで満足してしまっているので、壊れるまで使い続けたいなぁという感じです

象印 ステンレスフードジャー 360ml ナッツブラウン SW-GC36-TA

ポイント1:容量360mlというのが絶妙によかった

f:id:maiyokota:20160324212955j:plain

500mlだと多すぎるし300mlだとちょっと少なすぎる…と思っていたのですが、実際に360mlはちょうどいいサイズでした。
まず、煮物やスープがちょうどいい量。
おにぎり2つとスープジャーでランチにぴったりです。
少食の方は心持ち少なめに入れたり、300ml程度のものを買った方がいいかもしれません。
ただ、丼ものだと、360mlは少し淋しく、副菜が必要なサイズ。サラダやおひたしなどを添えると、ちょうどいい量になります。
がっつり丼ものを食べたい場合は、500ml程度あったほうがよいかもしれませんが、普通のお椀3杯分くらいあるので、スープや煮物を入れるには大きすぎるかと…。
常に丼ものの方や、余程たくさん食べる男性でないとつらいかなと思っています。


ポイント2:スリムで鞄に入れやすい&見映えもいい感じ

f:id:maiyokota:20160324213030j:plain

実際にスープジャーをお店で手にとって感じたのは、300mlを超えると、結構ずんぐりしていて幅をとる、ということ。
書類鞄に入れるには大きすぎるかなと悩む中、スリムだったのがこのスープジャーでした。
100円ショップで買った保温お弁当バックに、おにぎりと一緒に入れていますが、隙間にしっかり収まってくれます。


ポイント3:分解して洗えるのが嬉しい

f:id:maiyokota:20160324213106j:plain

写真を見ると一目瞭然、全部分解して洗えます。
嬉しいのは蓋!ゴムパッキンはもちろん、すべて分解できるので、汚れや匂いがほとんどつきません。

口コミでもこの部分が引っかかる方が多いみたいなので、気にしていたのですが、

私は普通の洗剤でごしごし洗って、半年近く経っている現在も、全然大丈夫です。
ちなみに面倒くさがりなので、2-3回に1回しか分解して洗っておりません…。

というわけで、おすすめです!

結局のところ、この象印 ステンレスフードジャー 360ml 、とても使いやすくもあり、毎日使っていて愛着もあり、とてもおおすすめという話でした。
ぜひ、スープジャー選びの参考にしてみてくださいませ。

 

象印 ステンレスフードジャー 360ml ナッツブラウン SW-GC36-TA